講座41 精油ブランドの選び方


どーも・・・
今日の先生はいつもと違いプレッシャーを抱えながら教壇に立っています。
とうとうこの日がやってきました。
本日は「精油ブランドの選び方」について講義させていただきます。

以前「精油の選び方」の講座で少し触れましたが、この議論は多くの方の興奮をよびます。
先生は以前の講座で、真っ向から攻めずお茶を濁すような形で終わらせてしまったのが
とても心残りです。

あれから毎日、なんて自分は臆病者なんだと責め続けてきました。
結局これは避けては通れないテーマですので、
みなさんのために恐れず勇気を出して戦う決心をしました。
みなさんが一つの意見として冷静に耳を傾けてむけてくださることを心から願います。



最初に一般的なアロマテラピーは間違った使い方をしなければ、
極めて安全なものだということを強調しておきます。

過去に精油が原因で流産を引き起こしたなどの深刻な症例は全て経口によるもので、
しかもペニロイヤルなどの毒性の強いものを多量に服用したことが原因となっています。
絶対に経口することのない私たちが起こすトラブルといえば、
過度な使用をした場合に大部分が当てはまります。


この場合、弊害は以下の2つです。

1、気分を害する

2、肌のトラブル 


特に2は注意が必要です。
もちろん使用するのは100%天然の精油で劣化してないことを前提として話をしていますす。

これらは同じ精油を長期間使用しないことや多量に用いないこと、
精油を低濃度に希釈することとパッチテストで簡単に防げるのです。
精油は空気に触れると劣化するのでメーカーから仕入れた販売業者が、
小分けする商品はあまりおすすめできません。
ちなみにフランスでは精油を経口することがありますが、
必ず医療機関で行われますので絶対お忘れなく。


精油を選ぶ際、香りは一番重要なポイントです。
人によっては個々の精油をメーカーによって好みで選び分けている方もみえます。
鼻が鋭い方はその精油の品質や新鮮か劣化していないかを察知することもできます。
一般的には香りを確かめる際、事前に精油メーカーを目で確認しているため、
多くの主観的要素が加わります。
百貨店などではいくつかのメーカーのテスターが置いてあることがありますが、
たまに香りの違いについて熱く語ってる人を見かけます。
テスター内の精油はほとんどが劣化しているにも関わらず。

多くの人が使ってる精油に安心感をもつことができれば、
その精油を購入するのが良いかもしれません。
低価格の精油が不安に思うのであれば低価格の精油を購入することを避けるべきでしょう。

逆に高価格の精油に疑問を持つようであれば、高価格の精油を無理して購入する必要はありません。
大きなメーカーであれば、その価格には多くの人件費、広告宣伝費などの経費が
確実に含まれているのですから。


結局のところ使用者が満足できる精油を自分で選び、使えばそれでいいのです!

・・・あれ・・前回と同じ結果がでてしまいました。。


しかし、今日の先生はいつもの臆病者ではありませんからここで終わりません。
メリッサに勇気をもらった先生は、さらに追求します。

ここからは個人的な見解になります。
個々の精油の成分分析表が必要なら、惜しみなく高価な精油を購入するべきです。
ロットごとにガスクロマトグラフィ分析をかけるのは多額のコストが必要になるからです。

成分分析表がついているからといって、それが確かな分析かを確証する術はありません。
成分分析表がついていないと安心できないのであれば、
分析表がついていない精油を使うべきではありません。
そこまで品質を追求するスペシャリストであれば、
むしろ毎日摂取している食品には絶対的な注意を払うべきです。
なぜなら食べ物は消化器から吸収するのだから!


今、あなたがスーパーで手にしているフィリピンバナナが無農薬かどうかを確認し、
農薬が使われているのであれば速やかに棚に戻してください。
あっ!バナナの皮に付着していた農薬があなたの皮膚から吸収してしまう!
急いで手を洗って!
無農薬であればレジに進むことができますが今すぐ購入してはいけません。
会計する前にこのように店員に問い合わせてください。
「このバナナの成分分析表を取り寄せてください。」 と。


不信感を持っていたり必要以上にお金をかけたりするようなアロマテラピーが、
その人のプラスになるわけがありません。
本人が信頼でき楽しいと思えるアロマテラピーこそが心と体をプラスに導いてくれるのです。
自分が楽しみながら自分に必要な知識を身につけ実際に試してください。
そこで初めて自分に最も適した精油が見つかるのではないでしょうか。


以上です。


みなさんこの講座ではたくさんの異論・反論があると思います。
それは先生に伝えなくて結構ですので、大切に胸に抱え込み就寝前にローズマリーを香らせながら
じっくり検討してみてください。
そのころ先生は夢の中で、
イランイランの花々に囲まれながらフィリピンバナナを食べていることでしょう。


それではごきげんよう!



アロマキュア学院 「精油ブランドの選び方」から退室




 学院所在地 東京都中央区銀座 から電車で2時間。
  
周りの受講生に迷惑がかからないよう必ずルールを守っていただきます。
 次のような学ぶ意思、学生マナーのない方は即、退席していただきます。
 ・ ネットワークビジネス勧誘、毛皮・スーツ・宝石類販売目的の方。      
 ・ 粗探し、無断転記する方。 
 ・ 本気で質の高い講座を期待されている方。

Copy Right (C) アロマキュア学院, All Rights Reserved
http://www.aromagakuin.com

アロマオイル販売店アロマキュア アロマライトネット アロマテラピーを読む講座 不眠解消! 安眠アロマ.com アロマオイルの香りに包まれて