講座31 特別講座 アロマテラピーの歴史1


アロマテラピーという造語の名付け親はフランス人の科学者ルネ・モーリス・ガットフォセです。
有名な科学者、研究者といえばちょっとしたアクシデントが転機になるというのはセオリーですね。
それはルネ・モーリス・ガットフォセも例外ではありませんでした。
※ここから一部フィクションが入ります。



 〜長く素晴らしく奇跡の1日〜 1920年代 フランス


一面の青空に焼きたてのパンのような形の白い雲、草原の草花をなびかす透き通った風、
小鳥の鳴き声が心地よく感じられるそんな日。
モーリスは研究室にいました。

昨日まで過ごしてきた日々と同じように今日も繰り返し実験業務を行います。 
そして明日もこれまでのように同じ場所で同じ実験を繰り返しているでしょう。その先も。

モーリスは疲れていました。

「私の人生には変化が必要なのは分かっている。
 しかし私には愛する妻ジェーンと娘ポーリーがいる。
 私には家庭を守る責任があるのだ。」

モーリスはジェーンを恐れていることを認めようとはしませんでした。
モーリスには仕事に対する満足感も家庭に捧げる愛情もなかったのです。

しかし、今日はいつになくポジティブな力が体の底から湧きあがってくるような不思議な日です。
窓から見える青空、草原の大自然は幻のようで、
昨日まで感じていた退屈さを洗い流してくれるようでした。

「家庭での窮屈さを考えると研究室の退屈さもいいもんだな。ハハッ。」

その時です。


ドーンッ!! 

モーリスの気のゆるみは実験の結果となってあらわれました。
手元にあった実験器具が爆発したのです。 

「うわっ!」 

モーリスは爆発をかわすことができずまともな衝撃を腕に受けてしまいパニックに襲われました。

「オーマイガッ!」※フランス人です。

とっさに近くにあった液体に腕を浸しました。

ジュッ。


腕を冷やしながらモーリスは思いにふけました。

「あぁ、なんてことを・・明日はこの研究室にこられるのだろうか・・
 帰ったらジェーンはなんというだろう・・」


先ほどのポジティブな力はすっかり影をひそめ、
明らかな大火傷も悲壮感から痛みは感じられませんでした。

モーリスは腕を沈めている液体はラベンダーだということに気づきました。

「ふふ・・腕は香り漬けだな。
 いくら疑り深いジェーンでもこの香りを女性の香水と間違えることはないだろう。」


モーリスは次第に元気と冷静さを取り戻しました。 
窓から入り込んだ心地よいそよ風がモーリスの額の汗を拭き取り、
瞳に映った壮大な景色はこのアクシデントをとても小さく感じさせました。

「もういいだろう。終わったことを悔やんでもしょうがない。
 それより早く次の実験にとりかからねば。」


モーリスはラベンダー液から腕を引き上げました。

「おお・・なんてことだ・・」


なんと、モーリスの腕に火傷の痕がみられません。
ラベンダー液に腕を入れるという行為は、冷やすとういう以上の恩恵を授かっていました。


この時、モーリスの中で何かがはじけました。
これまでの研究には目もくれず、ラベンダーの性質、治療特性について調べはじめました。


「私の日々の退屈さはすべてこのときのためにあった。
 私にはやるべきことが見つかったのだ。」


現代アロマテラピーの幕開けです。
窓から見える大自然のパノラマは何事もなかったように輝いていました。



その後、フランス軍の軍医ジャン・バルネ博士はアロマテラピーの研究を深め、
戦場で傷ついた兵士を精油を用いて治療しました。
オーストリア出身のマルグリット・モーリー夫人は、トリートメント中心の
ホリスティック・アロマテラピーをイギリス全土に広めました。

アロマテラピーはフランスだけにおさまらずイギリス、ドイツをはじめ世界中に広がったのです。
21世紀に入った現在でもアロマテラピーの力は衰えることを知りません。
現在ではアロマテラピー専門のセラピストが数多く誕生し、世界各国で活躍しています。
モーリスの勇敢な行為はアロマテラピーの第一人者としてその名を歴史に刻んだのです。


これは神話ではありません。 
この奇跡の物語は

「周りで起こる全ての出来事が心地よく感じられ素晴らしいと思えるそんな日、
 フランスの小さな研究室から生まれたのです。」


          〜 Fin 〜



※注・通常、科学者の名前はガットフォセが使われますので、
   モーリスと言ったら通じないか笑われる可能性があります。
   ガットフォセの妻・娘の名前は仮名です。家族編成も知りません。
   研究室は大きかったかもしれません。
   物語の背景は全てフィクションです。


アロマキュア学院 「特別講座 アロマテラピーの歴史1」から退室




 学院所在地 東京都中央区銀座 から電車で2時間。
  
周りの受講生に迷惑がかからないよう必ずルールを守っていただきます。
 次のような学ぶ意思、学生マナーのない方は即、退席していただきます。
 ・ ネットワークビジネス勧誘、毛皮・スーツ・宝石類販売目的の方。      
 ・ 粗探し、無断転記する方。 
 ・ 本気で質の高い講座を期待されている方。

Copy Right (C) アロマキュア学院, All Rights Reserved
http://www.aromagakuin.com

アロマオイル販売店アロマキュア アロマライトネット アロマテラピーを読む講座 不眠解消! 安眠アロマ.com